もう住んでない家を取り壊す|家屋解体業者の選び方とは

作業員

スムーズな作業のために

重機

名古屋の解体工事業者を選ぶ場合には、きちんと見積もりなどを確認して、費用の面で納得の出来る業者に依頼べきです。また実際に業者を利用した人達から色々と評判を聞いておくと、リアルな情報を入手出来るので、信頼出来る解体工事業者を見つけられます。

業者選びは重要です

おもちゃ

解体工事は、比較的難しい技術を要しない工事ですが、廃棄物は適正に処分しないと厳しい罰則を受ける場合があるので、自分で解体業者を選ぶ場合はある程度その会社を調べることが必要です。うまくいけば、建築費用の大幅コストカットの可能性もあるでしょう。

古い住宅を更地にする

解体工事

事前の準備と作業の流れ

家屋解体工事を依頼する際には、まず費用の見積を取って、施工業者を決める必要があります。大阪には家屋解体専門の業者も数多くあるので、複数の業者から相見積を取るのも費用を節約する方法です。施工業者が決まったら、現場の事前調査に立ち会って、解体したいものとしたくないものを区別します。大阪の市街地では隣家との境界がはっきりしない場合があり、どこまで解体するか明確にしておかないとトラブルになる恐れがあります。また家屋解体工事中は騒音や振動が避けられないので、前もって近所に挨拶しておくことも大切です。家屋解体工事の前には、電気や都市ガスや電話などを止め、必要ならば配管などの撤去を行います。大阪では電力会社やガス会社に電話するだけで手続きが終わります。ただし水道だけは工事中に使用する場合があるので、施工業者に確認を取ります。また家具や家電などの残置物は、基本的にすべて撤去しておきます。実際の家屋解体工事では、まず足場を組んでシートで周囲を覆います。大阪市のような都市部では、落下物やホコリによる被害を防ぐため、養生が欠かせません。次に内装や屋根瓦などは手作業で、壁や骨組みなどは重機で解体作業を行います。アスベストなど有害物質の取り扱いには特に注意し、また重機が交通の邪魔にならないよう気をつける必要もあります。家屋解体で出た廃棄物は、法に従って適正に処分しなければなりません。最後に地ならしをして、きれいな更地になれば工事は終了です。

状態を確認する

おもちゃ

兵庫で解体工事を行うには、専門業者への依頼が必須です。まず、建物の状態をチェックします。地盤の状態や劣化の状態などを見て工程を決めるのです。そして、手作業でできるところと重機を使うところをチェックします。